読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hory塾長の錬金塾

~仮想世界で稼ぎ、精神世界に生きる~ この現実世界を幸せに生きる秘訣。それは仮想世界(金融とIT)と精神世界を理解すること。

FXは裁量ではなく自動売買で(なぜ自動売買なのか?)

0.FX自動売買(少額自己資金からはじめる「お金の自己増殖」)

私はかつてFXの裁量トレードを行っていたが、正直な話、大きなダメージをくらって相場から退場した経験がある。

f:id:systemtrader:20150510210626g:plain

 

一度退場させれられて気づいたことがある。

 

それは、相場で勝つコツためには『自分の感情とトレードを完全に切り離す』ことが求められる。

 

自らの感情に従って取引をすると、大概負ける。

 

損切しないといけないのにできない。

ナンピンして保有ポジションを有利な状態に戻したい。

 

そんな心理がどうしても働きがちになる。

 

それに打ち勝って、淡々と取引を続けないといけない。

でもこれが、シロウトには非常に難しい。

 

というか、できない・・・

 

FXの業者は、これでもかというほどTVや雑誌で宣伝して、口座開設してくれる新規顧客を 集めている。

 

なぜか?

 

みんな負けてくれて、それがFX業者の利益になるからである。

 

それぐらい、みんな面白いように負けているということである。

 

 

 

相場は感情の世界ではない。

『統計』と『歪み』の世界である。

 

f:id:autobiography:20160410225759j:plain

統計というのは、

 

「ある条件でエントリーすれば、勝率が5割を超える。」

 

そういったエントリー条件をたくさん見つけるということ。

 

 

歪みというのは、

 

突発的な指標発表によるチャートの急変動や、国の政策等による、ある意味、意図的なチャート動向の方向性を捉える。

 

ということ。

 

 

 

この2つを捉えるには、過去のチャートを徹底的に分析して、勝率の高いエントリー条件を発見する、勝率の高い歪みの捉え方を発見する。

 

これに尽きる。

 

ただ、こうした緻密な作業を人間が行うとなると、多大な時間と労力を必要とする。

 

 

そんな時こそ、システムの登場。

 

 

システムに過去のチャートを徹底的に分析させて、少しでも勝率の高い『統計的傾向』『歪み』を発見させる。

 

そして、その発見したトレード条件で、淡々と、感情を入れずにトレードを続ける。

 

これもシステムが得意な分野。

 

 

シロウトがFXに手を出すうえで最も安全なトレード。それが自動売買なのである。

 

 

しかも、全てシステムが売買してくれるから、ラクチン。

 

 

仕事中も。

遊んでいる間も。

寝ている間も。

 

システムはあなたのシモベとなって、あなたのお金を淡々と運用し続ける。

 

しかも、文句ひとつ言わずに。

 

 

過去数年にわたるチャートを徹底的に分析して得られた取引ロジックと、あなたの感情に従ったトレード。

 

どちらを信用するだろうか?

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...