読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hory塾長の錬金塾

~仮想世界で稼ぎ、精神世界に生きる~ この現実世界を幸せに生きる秘訣。それは仮想世界(金融とIT)と精神世界を理解すること。

銀行から自分の信用情報はどう見えているのか(クレジットヒストリー)

銀行融資担当者が必ず確認していること

銀行に融資の打診をする際に、

融資担当者が必ずチェックしている情報。

 

それは、借り手の信用情報。

 

クレジットヒストリー(通称:クレヒス)とも呼ばれている。

f:id:autobiography:20150225203745j:plain

 

銀行としては、融資した資金を必ず回収しなければならない。だから、

その人は過去にお金を返さなかったことがないか?

返したとしても、返済が遅延したことがないか?

といったことを、非常に気にする人たちである。

 

そうした借り手の過去の返済履歴がすべて残っているのが、

 

信用情報(クレヒス:クレジットヒストリー)

 

なのである。

 

 

 

実はこのクレヒス、

自分の情報なら誰でも確認することができる。

 

 

クレジットヒストリーを自ら確認してみる 

このクレヒス、実は金融機関の関係者ではなくても、誰でも確認することが可能である。私も自分のクレヒスを確認してみることにした。(ちなみに、有料。)

 

  

こちら。

 

インターネットで自分の信用情報をダウンロードして取得することが可能。

(その際には、電話とクレジットカードも必要となる。)

 

 

 

さて、その信用情報、どんな情報が載っていたかというと・・・

 

1.クレジットカードの利用履歴(利用明細までは載らない)

2.家賃の支払い履歴

3.携帯電話の本体料金の分割払い履歴

4.不動産投資の融資返済履歴

 

私のクレヒスはこんなところであったが、他にも借入経験のある方は、すべて載るハズである。

 

これらについて、

・月単位での請求の有無

・遅延なく支払いがされたかどうか

が克明に記録されている。

 

 

おー、コワイコワイ

(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

 

 

自分の過去の支払情報が、自分の知らないところで一元管理されているのだ。

 

 

私の場合は、一つのキズもなかったので、ひと安心。

 

 

こういう資料を一度見ると、

「クレヒスにキズをつけてはイカン!!」

という意識が植えつけられるハズ。

 

今後、銀行様と仲良くしてガンガン融資を引いていくためには、このクレヒスに傷をつけることはモッテノホカである。

 

ぜひ一度、ご自身のクレヒスを確認してみていただきたい。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...