Hory塾長の錬金塾

~仮想世界で稼ぎ、精神世界に生きる~ この現実世界を幸せに生きる秘訣。それは仮想世界(金融とIT)と精神世界を理解すること。

お金は仮想世界で創って、現実世界で使う

いくら働いてもお金が貯まらない。

役職が上がって年収は上がっているのに、一向に生活は改善しない。

 

そんな思いを持っている方は多いだろう。

 

これは、なにかの錯覚か。。。?

 

 

 

いや、その感覚は正しい。

 

 

 

現代において、もはやお金は働いて得るモノではない。

お金を得るための手段として、「働く」というのは、もはや正しくない。

 

 

たしかに、現実世界で生きていくには、お金は必ず必要。

 

しかし、そのお金を稼ぐステージを、

この現実世界ではなく、仮想世界に移さなければならない。

f:id:autobiography:20150409104728p:plain

現代における「正しい」お金の殖やし方の流れは、おおよそこんな感じとなる。

 

①まずは現実世界である程度の「種銭」を創る。

 

②その「種銭」を金融工学に基づいた「仮想世界」に持ち込む。

 (物理的にどこかへ持っていくわけではなく、お金を持っている人の意識として。)

 さらに銀行融資を受け、自分のためにお金を「創って」もらう。

 

③「金融工学」を使って、お金を殖やす。また、お金が増え続ける仕組みを作る。

 

④仮想世界で増やしたお金で、現実世界を生きる。

 

お金を殖やす(創る)ステージは、金融工学を基にした『仮想世界』である。

仮想世界と現実世界を、意識の上でキッパリと切り分けて考えることが大切。

 

現実世界において、労働によってお金を稼ぐことは、もはや「お金」の本質にそぐわないのである。

 

意識の上で仮想世界と現実世界を行きする。

お金は仮想世界で創って、現実世界で使う。

 

この感覚が、現代における正しいお金との付き合い方なのである。

 

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...