読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hory塾長の錬金塾

~仮想世界で稼ぎ、精神世界に生きる~ この現実世界を幸せに生きる秘訣。それは仮想世界(金融とIT)と精神世界を理解すること。

人からお金を借りることと、銀行からお金を借りることは全く違う

金融 1.彼を知る ~お金と金融に対する正しいマインドセット~

f:id:autobiography:20141227094033j:plain

 

この世を支配するためのツールともなりつつある「金融」

その中心的な機能が「融資」

 

平たく言うと「お金を借りる」ということであるが、

知人や友人から借りることと、銀行から借りることは、

起こっている"出来事"が全く異なる。

 

1.友人知人からお金を借りることは、単なる「お金の移動」

友人・知人から借りる場合、借りたお金は、もともとその人の所有物だ。

そしてお金の貸し借りは「お金という紙切れの移動」でしかない。

これはもちろん、融資とは呼ばない。

 

2.銀行融資は、自分のためにお金を「作り出す」こと

銀行からお金を借りる「融資」は、言葉を変えると信用創造ともいう。

これは、この世に新たにお金を生み出すことを意味する。

 

銀行から1,000万円借りることは、既に存在している1,000万円が移動するわけでは

なく、この世に新たに1,000万円が"生み出されている"のである。

資料室(日本銀行のヒミツ−本当の「信用創造」は絶大なパワーを持っている!!)<Anti-Rothschild Alliance>

 

つまり、銀行融資のことを「銀行からお金を借りる」というのはあまり正しくない。

「銀行に信用創造してもらう」ことが、銀行からお金を借りることなのだ。

 

3.銀行目線で融資を考える 

銀行も所詮は営利目的の民間企業。

そんな銀行の収益源は、融資(信用創造)による返済利息。

 

銀行は常に融資先を探している。

そして、見つけた優良な融資先には、大きな額を借り続けてもらい、利息を払い続けて

もらいたいわけだ。

 

これは、借り手から見るとどういうことか・・・?

 

銀行から融資を受けた原本は返済せずに、利息のみを返済し続けることが、

銀行から好まれる借り手である

 

ということ。

 

本当にそんな事が可能なのか???

 

ここでは、本当にそんなことが可能なのかどうかは一旦置いておいて、

考え方として、「本来的にはそういうことなのだ」ということを認識することが大切。

 

銀行融資を制する者が、この世のマネーゲームを制する。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...